2017/05/23

「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室」キャスリーン・フリン (著), 村 井理子 (翻訳)

タイトルは挑発的ですが、料理ができない「ダメ女たち」に焦点を絞ったわけではなく、「料理ができない人」を男女問わず募ったら、女性だけが応募してきたというものです。いや、一人だけ男性がいたが直前にキャンセルしてきたのでした。この男性が参加していたら、もっと「料理ができない人」の考え方や振る舞いの描写に深みと広がりが出たかもしれません。

料理ができないと言っても、料理をいくらやっても上手にならない、というわけではなく、料理ってどうやったらいいのかわからないといった人たちが参加してきます。彼女たちに立ちはだかる料理の壁は「包丁」と「火」です。
「包丁」と「火」の扱いについてちょいと手ほどきを与えたら、教室への参加を重ねるうちにあれよあれよと料理上手になっていきます。
ひとりひとりの変化の具合が個性豊かに上手く描写されていてその中の誰かに自分を見つけ出すかもしれません。
女性たちと料理との関わりが縦糸とすると豊かな食生活とは何か? が横糸となって物語が進んでいきます。

教室が終わった後の追跡もしっかり行っていてほとんどの人は得意料理を見つけ、料理人生を謳歌していますが、ただ一人だけどうしても料理に興味を持てなかった人が一人います。否定的な要素ではなく、却ってこの本にリアリティを与えています。人類皆が料理好きではあるまいし。

私もこの本のおかげで、野菜を炒めるためにフライパンに投入するときは、野菜がフライパンにくっついて焦げないようフライパンを振って野菜を油でコーティングするということを学んで、試行錯誤しながら実践しています。

男女にかかわらず料理好きが増えたらいいですね。

# 出版(2017年2月)と同時に買い求め、あっという間に読んで今頃になって記憶だけで書いてみました。

2017/05/20

無題

仕事で遅く帰って来ると、1号(♂17才)が階上から降りてきて、明日xxxがあるから2,500円欲しい、それから、xxxxというところに就職決めたから、と言った。
私が帰ってきた音を聞きつけて私にそれを言いに降りてきたのだ。
彼の人生だから彼が決めるのは当然である。
私だってそうした。
LINEで私の指摘な奥様へ1号がxxxxへ就職決めたことを伝える。
親としては、家を出て行く彼の未来を思うと心配は募るばかりだが、彼と過ごした日々を振り返ると胸に熱く去来するものがあって目頭が熱くなってなぜか止まらない。

====

画像は6年前のお正月。
もう3人共顔や形は今と変わってしまってる。

2017/05/13

バラと子猫

ここ最近は Twitter で消費している感じで、引きづられるようにこのブログへの投稿が減少していますが、最近は Mastodon なる分散型の Twitter のようなものが出てきて、ますます投稿の減少に拍車がかかりそうな気配です。ただ、書かないと書けなくなる、と言うのは Twitter や Mastodon でも実感していて、どこでもいいから書くのは必要ですね。
そもそもこのブログを始めたのは、旧題の workbench (作業台) が示すとおり書くことの練習だったのです。

----

書かないと書けなくなる
動かないと動けなくなる
歩かないと歩けなくなる
走らないと走れなくなる
喋らないと喋れなくなる歌わないと歌えなくなる
考えないと考えられなくなる
思い出さないと思い出せなくなる
眠らないと眠くなる
あれ?

----

画像は私の素敵な奥様の友人から頂いた絵葉書。
ちょうど貰い物のバラを挿していたので、その間に立てかけてみたらすっかり溶け込んだ子猫。

2017/05/05

コロンブスの卵

卵を立てることができますか?

コロンブスは卵のお尻をつぶして立ててみせたそうですけど、1枚目の画像は、木の卵をテーブルの上に立ててみたところです。
お尻はつぶしていませんし、接着剤も使っていません。

実はテーブルの凹みを利用して立てているのです。
なんだ、簡単ですね。
画像からはテーブルの凹みなんて見えませんからね。

では、この木の卵の頭を底にして、立てることが出来ますか?
これは重心が高く、テーブルとの接触面積も小さく、より不安定になり案外難しいです。


答えは2枚目の画像のとおりです。
見事に立ってます。

よく見ると1枚目の画像と撮影ポイントや距離が違いますね。
この場所じゃないといけなかったんでしょうか。

止まったままではどうしても立たず、机の凹みを利用しても立たなかったので、違う方法を試してみました。

丸くて下が尖っているものにコマがあります。コマのように回転させてみたわけです。
コマのように回すと重心が高くても不都合はないですし、この木の卵の加工精度は高いようで、よく回ります。
回っているところをパチリ。回転しながら移動してしまうので1枚目のように撮影場所を固定することができませんでした。

しかし、回るのってあり?
確かに回りながらも「立っている」ので私は嘘は言っていませんが、「止まったまま立つ」という思い込み、暗黙の了解の裏をかいたわけです。

たった一枚の画像(写真)が世界を変えることもあれば、この一枚の画像のように相手の思い込みを利用することも可能で、1枚の画像から真偽を判断するのはかくも難しいのです。


3枚目はおまけ。
木の卵が混ざってます。
何個混ざっているでしょうか。

正解は1個です。
中央の色の違う卵のうち右側が木の卵で、それ以外は全本物です。
後日、私の素敵な奥様が「誰? これ入れたの……」と私に聞いてきました。
現場を見てないのに真犯人を見分けるなんてすごいですね。

2017/04/14

小中高揃い踏みと Exit, Voice or Loyalty

この4月から、2号(♀12才)が中学校に通い始めました。
小学校の自由奔放な雰囲気から、制服、規則、部活動奨励とまるで猛獣を飼いならすような中学校の雰囲気にさらされることになりますが、2号にはなんとか楽しい3年間を送ってもらいたいものです。

時事問題は書かないようにしているのですが、トランプ政権のシリアに対するミサイル攻撃が、北朝鮮への武力攻撃を示唆する強烈なメッセージとなり、日本韓国中国を巻き込んで金武町が高まってじゃなくて、緊張が高まっています。米軍基地の集中する沖縄、特に嘉手納基地や軍民共用の那覇空港を始めとする沖縄本島のあちこちが、北朝鮮のミサイルのターゲットになっているであろうということぐらいは小学生でも検討がつきます。

イヤな情勢ですね。2度と沖縄を戦場にしてもらいたくないですね。これに尽きます。

Exit, Voice and Loyalty という言葉があるそうですが、退場するか声を上げるか、忠誠を誓うかのどちらか一つを選べと言われれば、今は淡々と日常の生活を送りつつ声を上げるくらいしか出来ません。
しかし、子どもたちは、自分で未来を作っていくべきなので、沖縄や日本にこだわる必要はないので退場という選択肢も取り得るでしょう。

さて、1号(♂17才)、3号(♀9才)がそれぞれ高校生、小学生なので、3人が別々の学校に通うことになりますが、これも来年には1号が家を出て何処かに行くやもしれず、人間5人と猫1匹の生活はこの1年かもしれません。

----

画像は恩納村にあるOIST(沖縄科学技術大学院大学)のシーサイドハウス。

毎日を一歩一歩歩きながら、窓の外を眺めたり、窓を開けて外の空気を吸い込んだり、閉じられたドアを思い切って開けてみたり、寄り道しながらとりあえずどんどん遠くまで行けば思いもかけない心地よい環境があなたを待っているかもしれませんね。もっともまっすぐな道ばかりでないこともあるでしょうけど。


2017/04/07

ロシアからのページビュー (Blogger と Google Analytics)

先週のこのblog (Blogger) の「統計〜国別ページビュー」を見てみると、ロシアが日本に次いで僅差の第2位となっています。
2016年12月にプーチン大統領が訪日した際に突発的に増えて、諜報活動の一環なのか? とびっくりしたのだけれど、しばらくするとまた減っていました。
先週は何かありましたっけ?

ロシアの作家の本のことをプーチン訪日直前に書いていて、その中にコピペしたロシア語を入れたのが影響しているんでしょうか?
「戦争は女の顔をしていない」スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ著、三浦みどり訳 (2016年10月)
ロシア語は全く解さないので、 どうにもよくわかりません。
もっとも日本語も相当怪しいのですが。
ところで、Bloggerの「統計〜国別ページビュー」におけるページビューと Google Analytics のページビューではかなり差があります。
Google Analytics の過去一ヶ月のページビューを見ると(2枚目の画像)、ロシアなんてどこにもないのですよ。2位以下は観光目的なんでしょうか。
ちなみに、Google Analytics では国別のページビューの値はないんですが、Session と Pages/Session のそれぞれの値からページビューを算出できるとしています。

Blogger の統計情報と Google Analytics のページビューの違いに気づいている人は当然いるわけで、以下のサイトを参考にしてみました。
確定的なことはわからなかったのですが、皆さんが推定しているのは次のとおり。
  • Bloggerの「統計」のページビューはそのまんまページビュー。
  • Google Analytics のページビューは、ブラウザからアクセスされたページビュー。ロボットなどによるアクセスは排除されている模様。
  • ついでに、Google Adsense のページビューは、ブラウザからのアクセスかつ広告が表示されたページビュー。
ふむふむ。
Google Analytics がスパムを排除したいのは分かる気がします。
ということからすると、Bloggerの「統計〜ページビュー」から Google Anlytics のページビューを引くと、ブラウザ以外のページビュー=ロボット≒スパムの数がわかるというものです。 

このblogへのページビューについて、Google Analytics にはロシアからアクセスされた痕跡はないので、Blogger の統計のデータがそのまま「先週、このblogにロシアから719回のスパムによるものだろうと思われるページビューがあった」ことを表しています、と言ってもいいかな。

異国からのアクセスはうれしいものですが、ロボット相手じゃあねぇ。



2017/03/30

職業の選び方 version 2 (消極編)

10年前の自分の記事でこう書きました。
職業の選び方
  • 好きなこと
  • or/and 人よりできること
  • or/and 人の役に立つこと
  • or/and 稼げること.
(全部自分で考えたのだけど、一部どこかのネットで有名なアメリカ人が書いた物とかぶっている:探索中)。
今でもあながち間違っていないと思っています。
ちなみに、
「タイム・コンサルタントの日誌から 〜 好きな事・上手にできる事・稼げる事・世の役に立つ事」 
にタイトルそのままで同じことが書いてあって、世の中だれでも考えることは一緒かなと思います。ただ、拙ブログの言いっ放しとは違い、さすがコンサルタント、深掘りもされています。
「人生の目的」か〜。

4つの項目のうち「何を重要視するべきか」は、その人の置かれた立場によって変わるのでしょうけど、4つともフラグが立てば最高ですよね。
しかし、職業なんて、社会との関わりなしには成立しないので、どうしても需要と供給に翻弄されるとなると、4つの項目の一つもフラグが立たない状況もあり得るわけです。昨今の夢も希望も収入もしぼみがちなこの日本だとなおさらです。

てなわけで、職業の選び方 version2 (消極編) を作ってみました。
  • 大嫌いではないこと
  • 人とだいたい同じくらいできること
  • 人をおとしめないこと
  • とにかく生きていけること.
4つの項目にすべてフラグが立っても面白そうに見えないところがややつらいです。
この消極的な職業の選び方で選んだ仕事は、十把一からげの扱いを受けそうで、仕事の自動化が進んだ暁には真っ先に切られるかもしれませんね。

自分の職業歴を振り返ってみれば、通信エンジニアでスタートし、システム開発などを経て、現在は通信サービスの企画、開発、プロジェクト遂行なんてことをやっているわけです。自分の意志で職業を選択したのは就職と転職の際の2回のみで、あとは社内の人事異動に翻弄されています。
職業と仕事は微妙にニュアンスが違うので、ここで言い換えますが、他人の決定によって自分の仕事が変わっていってしまう、それでもなんとかこなしていくうちに「自分の仕事」と言えるようになる、ということが経験則によりはじき出されます。
自分の想定していた仕事、というかそもそも仕事がどういうものかを想定していたか、と言われるとほとんど想定できていなかったというのが現実で、仕事なんてやってみないとわからない、というのが25年働いてきた今日までの私の結論です。
もっとも、仕事に対する考え方なんて、後天的に身に着けたものですから、 10年後は今と違うことを言っているかもしれません。

さて、「職業の選び方」は、今働いている自分自身に対しても有効です。
自問自答すると、次のようになります。
職業の選び方 (自問自答編)
今の仕事は
  • 好きか?
  • 人よりできるか?
  • 人の役に立っているか?
  • 稼げているか? 
あなたはどう答えるでしょうか?


zenback